読谷山焼北窯 松田共司 / 4.5寸まかい 矢羽 コバルト

読谷山焼北窯 松田共司 ・ 沖縄県読谷村

直径 約13.5cm 高さ 約6.5cm





「まかい」は、沖縄の言葉で碗のこと。

ややたっぷりとした大きさのお茶碗です。

沖縄の伝統的な手法を用いて、大きな登り窯で焼かれた器。

少し厚みがあって、形や絵付けが大胆でおおらかで、食卓に並べると温かな力をくれる。そんな器です。

何日もかけて薪で焼かれた器はそれぞれに個性的で、置かれた場所によって火のあたり方や温度が変わり、表情が変わります。

明るい色のもの、焦げた様な色のもの、釉薬が溶けて流れているもの、窯の中で灰をかぶって跡になっているもの、ブク(高温に晒され土が泡のように盛り上がった部分)が出ているもの、少し歪んでいるもの、など。

使用に差し支えのない範囲で、そういうところも、北窯の器の魅力と捉えています。

沖縄の人と自然を表したような、力強く美しい器です。


ご飯茶碗としても、汁碗としても。幅広くお使いいただけます。











(匙は大きさの目安として置いています。商品ではございません。)





こちらの器は、手作りのため、色や形に個体差がございます。

陶器は、貫入、化粧や釉薬のむら、ピンホール、石はぜ、ゆがみなどがあることがございます。

また、使っていくうちに変化していくこともございます。

気になる方は、目止めをお勧めいたします。

急激な温度変化に弱いので、電子レンジや食器洗浄機等でのご使用はお勧めできません。

ご理解のある方のみのご購入をお願いいたします。

どうか大らかに末永く楽しんでいただけることを願っております。

型番 KKY2005Z-0114
販売価格 1,847円(税込)
購入数


Top